2008年11月12日水曜日

Single Marker DetectorとMQO Importerを連携する時のコツ(?)

追記(2010/05/27): FYI 'ARToolKit Coordinate Correction in Quartz Composer'

Don't forget that the ARToolKit is distributed under the GPL for non-commercial user. So, this Single Marker Detector is distributed under the GPL for non-commercial user./If you want to use for professional and commercial, you can't use this patch.


I try to write in English version, but it is not good. If you want to read them, you brave the blog entries. 1. how to build the patchs. 2. how to use the patchs. If you used other model rendering path, you could use this patch with Single Marker Detector.
edit 2008/11/18: I made new patch. the patch disassemble the 4x4 homogenous transformation matrix to each paramators. The patch name is 'MatrixToParams'.
images:



まぁ試す時のサンプルと注意点みたいなもの.
  0.mqoファイルをどこかから調達する.
  1.同封のARToolKit/etc/pattSample1.pdfを印刷しておく.
  2.Quartz Composerを開き,MQO Importerをまず配置.
  3.Settingにてmqoファイルを指定する.
  4.MQO ImporterのInspector/Input ParametersでScaleを調整する(後で変換行列が変換してしまうので大きめで良い).
  5.Video Input, Single Marker Detecor, MQO ImportとなるようにImageとMatrixをつなぐ(Single Marker Detectorはデフォルトでsample1のマーカーを検出する.)
  6.Video Input, BillboardとなるようにImageをつなぐ
  7.Billboardの方がLayerが下(若い番号)になるように右上の番号をクリックして調整する.
  8.とりあえずMQO ImporterのEnableにチェックを入れておく
  9.重なった画像がでたらカメラの前でマーカーを動かしてみる.うまくmqoモデルが動くまであれこれがんばる(光量,光源などがたいせつみたいだけどよくわからない).
 10.Single Marker DetectorのouptutFoundとMQOImporterのenbaleをつなぐ.


 11.試す(あそぶ)
video
(12.時間があればp_g_へツブヤイてみるw.)

中級編(w): AngleにLFOで値をいれてみる.

上級編(w): 2回線にしてみる


なんかもっと安定して反応するようにならんもんかのぉ.こちらを参考にすべきでしょうかね.

間違いやお気づきの点がありましたらコメントもらえるとうれしいです.
以上です.

0 件のコメント: