2009年8月4日火曜日

bullet-2.74のFrameworkを作って使うまで

Bullet Physics Libraryで遊んだのでメモ.
0.Download
こちらからDownload(bullet-2.74.tgz).
で展開して展開フォルダを${BULLET}とする


1.Bulletのビルドとインストール( cmake はportsで入れた(version 2.6-patch 4))
$ cd ${BULLET}
$ cmake -DBUILD_SHARED_LIBS=ON -DFRAMEWORK=ON -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/Library/Frameworks/Bullet -DCMAKE_INSTALL_NAME_DIR=/Library/Frameworks/Bullet/lib
$ make
$ sudo make install

この段階(makeしたところで)でDemoはできている.${BULLET}/Demos/AllBulletDemos/AppAllBulletDemosを起動して確認できる

このデモは「おっ」と思ったw.実際なに計算してるかしらんけど.



2.使ってみる
2.1 XcodeでCommand Line Utility / Standard Tool (Cのプロジェクト)のプロジェクトテンプレートを利用.
2.2 追加/既存のフレームワーク…よりFrameworkを入れる(拡張子は'.framework').
   
  • /Library/Frameworks/Bullet/libの下からLinearMath, BulletCollision, BulletDynamics, BulletSoftBody
    (関係ないのもあるかも)
  • /System/Library/Frameworksの下からGLUT, OpenGL

  • 2.3デモ(BulletDinoDemo)のコードをコピー (あんまり2.74の実力を示していないです…)
       ${BULLET}/Demos/BulletDinoDemo/BulletDino.cの内容をmain.cへ丸ごとコピー
    2.4 ヘッダ検索パスを設定 (Frameworkだからコレいらないはずじゃないのかな.フレーム作成時になにか指定が足りないの?)
       /Library/Frameworks/Bullet/includeを追加
       
    2.5 ビルドと実行
        video

    0 件のコメント: